ありふれた金のかからない材料を使い、職人達の技とヤル気に頼り、やり甲斐
を誘発する家作りに40年の経験がある吉田研介に、お話を伺います。


普通の人にとって、良い家ができるなら工事費は安いほうが良いに決まっています。安い工事費にする為には、安い材料や工賃、つまり手間をかけないのが常套手段ですが、それではチープになるかもしれないし、手抜き工事になるかもしれません。そこで私は安い材料を使ってもチープに見えないやり方を考えています。また、手間をかけないのではなく、手間をかけても手間賃になって返ってこないで、職人達が作る喜びを感じ、「金じゃあないよ!」と言ってくれるような、そういう家の作り方を考えて設計しています。それが上等でない材料「粗材」であり、ハイテクではなく手造りの「労テク」であり、「金じゃあない」と言ってくれる「労コスト」なのです。

日    時 :  2008年 11月18日(火)   13:05〜14:20

会    場 :  TEPCO銀座6Fセミナーホール(定員100名)
            東京都中央区ぎんざ6-11-1 tel.03-3575-0434                  
講    師 :  吉田研介 (建築家)
           http://chicken-house.jp/

参 加 費 :   2,000円

申込書(PDF)はこちら


メールによるお申込みメールはこちら
(うまくメーラーが立ち上がらない場合は こちらへお送り下さい tul@tokyo-urbanlife.com)


メーラーが立ち上がりましたら、次の各項目をご記入の上、メールにてお申込みください。折り返し、ご連絡を差し上げます。(*)マークの項目は必ずご記入下さい。

1 参加希望イベント(*)

2 参加者氏名(*)

3 参加者Eメールアドレス(*)

4 勤務先

5 連絡先住所、TEL(*)、FAX


なお、返信が2〜3日間ない場合、メールが届いていないケースも考えられますので、恐れ入りますが下記へお問合せ下さい。


TOKYO URBAN LIFE2008実行委員会 <(財)店舗システム協会内>

TEL 03-3401-4021