和紙の世界。
歴史に育まれてきた独自の質感は様々な用途に使われている。
表情豊かな表現力を豊富な事例で紹介。


●越前和紙
和紙の代表格として広く知られています。古くから素材としての確かさ、種類の豊富さは定評のあるところです。ひたすらに品質にこだわり、昔からの手間のかかる製法で、丹念につくられる和紙は、想像以上の広がりで使われています。
インテリア製品は言うに及ばず、壁面仕上げやレストランなどの間仕切りや空間構成にも採用されています。
越前和紙を通して、日本の和の美の再発見、そして和と洋のみごとな融合の世界をビジュアル映像でお見せします。


日    時 :  2008年11月20日(木)     13:05〜14:10 

会    場 :  NHK 青山荘 東京都港区南青山5-2-20 (TEL 03-3400-3111)
          地下鉄「表参道」駅、A5出口より徒歩1分

講    師 :  杉原 吉直氏(和紙屋  杉原商店専務取締役) http://www.washiya.com

参 加 費 :   2,000円

申込書(PDF)はこちら


メールによるお申込みメールはこちら
(うまくメーラーが立ち上がらない場合は こちらへお送り下さい tul@tokyo-urbanlife.com)


メーラーが立ち上がりましたら、次の各項目をご記入の上、メールにてお申込みください。折り返し、ご連絡を差し上げます。(*)マークの項目は必ずご記入下さい。

1 参加希望イベント(*)

2 参加者氏名(*)

3 参加者Eメールアドレス(*)

4 勤務先

5 連絡先住所、TEL(*)、FAX


なお、返信が2〜3日間ない場合、メールが届いていないケースも考えられますので、恐れ入りますが下記へお問合せ下さい。


TOKYO URBAN LIFE2008実行委員会 <(財)店舗システム協会内>

TEL 03-3401-4021