イベントのご案内

●フォーラム・セミナー
 フォーラム一覧
 ワークショップ一覧
 地方(都市)とつながる

●展示ショーケース



新宿高島屋(10/16・17・18)
 
動画でご紹介中!!

ネットワークイベント

TOKYO URBAN LIFEについて


企業の方はこちらから 

協賛のお願い
協賛のメリット
実施内容
ミッション
実施イメージ
集客・動員
過去の実績
資料ダウンロード


協賛企業一覧

協賛店舗一覧

 

  運営事務局
財団法人店舗システム協会

 

 

 

「越前和紙のすべて」 

和紙をインテリアに使う方法について・・  

 


今なぜ、和紙なのか!
日本最古にして最大の和紙産地「越前」とは?
和紙の歴史は1500年
和紙が出来るまで
洋紙と和紙の違いとは?
インテリアの中の和紙
使用例をスライドで紹介
●和紙は、再生可能で1000年もの保存性があり、無害・無毒で人
に優しく地球に優しい、古代日本人が考え出したスーパーアナログ!健康素材です。
●サスティナブルで、エコロジーな和紙の魅力に迫ります。
インテリアデザイナーの大塚氏とトーク形式でお話いただきます。 

 

 

 

プロフィール
【杉原吉直氏】和紙屋 杉原商店 専務
漆和紙(うるわし)の開発 羽二重紙の開発 その他和紙の開発多数。
フランクフルトアンビエンテ、ニューヨークICFF等海外出展多数。来年1月パリで開催されるMaison & Object janvier 2010に出展。(経済産業省sozo_comm事業選定)http://www.washiya.com/
【大塚則幸氏】
1960年福井県武生市(現:越前市)生まれ。
1990年大塚ノリユキデザイン事務所設立。
“無のようで有であり、混在のようで透明な空間”をテーマにブティック、レストラン、 ホテル、オブジェ、住宅等を手がける。
またデザイン専門誌に海外エキジビションの取材寄稿およびタイルメーカーのデザインカタログ編纂など
空間を主題としたデザインワークを行う。
2006年度ダントータイルデザインコンテスト大賞インテリアメーカーと共同開発で越前和紙を使用したロールスクリ−ンのパターンデザインでは、2007年度グッドデザイン受賞 
2007年度杉野服飾大学非常勤講師

 

 

日  時 :2009年11/10(火) 11:00-12:00
会  場: OZONE 東京都新宿区西新宿3丁目7番地1号 新宿パークタワー8FセミナールームA 
講  師:杉原吉直氏+大塚則幸氏
参加費 :2500円 (このうちエコストラップ代500円を含む)
(参加費に含まれるエコ・ストラップ代500円のうち10%は環境NPO等の支援金です)

申込書(PDF)はこちら


お申し込み方法

<FAX>申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入いただき、FAX(03-3402-5033)にてお送り下さい。

<メール>tul@tokyo-urbanlife.com

(うまくメーラーが立ち上がらない場合は こちらへお送り下さい tul@tokyo-urbanlife.com)
メーラーが立ち上がりましたら、次の各項目をご記入の上、メールにてお申込みください。
折り返し、ご連絡を差し上げます。(*)マークの項目は必ずご記入下さい。

1 参加希望イベント(*)

2 参加者氏名(*)

3 参加者Eメールアドレス(*)

4 勤務先
5 連絡先住所、TEL(*)、FAX

6 参加費のお支払い方法(*) [振込 又は 当日受付にて現金]。お振り込みの場合は振込予定日をお知らせください

*参加費振込口座 東京三菱UFJ銀行 青山通支店 普通 1868622 財団法人店舗システム協会


なお、返信が2〜3日間ない場合、メールが届いていないケースも考えられますので、恐れ入りますが下記へお問合せ下さい。

TOKYO URBAN LIFE2009実行委員会 <(財)店舗システム協会内>

TEL 03-3401-4021