イベントのご紹介

ソーシャルメディア時代のビジネスデザイン

イベント番号:1E-C3
annzai

コミュニティから電子出版や店舗まで、利用者に喜んでもらえる「つながりかた」とは?

私たちの生活の中で、携帯電話、スマートフォンやiPad等のタブレット端末の登場によって、ブログ、SNS、ツイッターなど、利用者がつながるソーシャルメディアが急速に浸透し、ゲーム、通販、雑誌、書籍、さらに、街の中や店舗でもソーシャル化が重要な要素になってきています。

ただし、ビジネス成功のためには、単にソーシャルな仕組みを導入するのではなく、利用者に喜んでもらえるサービスをどのように設計して運営するかが鍵となります。これまでの一方的なサービスと異なり、利用者がつながり、利用者と共に成長させていくソーシャルな関係をもとにした、これからのビジネスのあり方ついて、具体事例をもとにご紹介します

 

プロフィール

株式会社デジタルブティック 代表取締役社長

1959年千葉県生まれ。
慶応義塾大学工学部卒業
九州芸術工科大学大学院修了。
日本ユニシスでCGのシステム設計・開発に従事した後、アップルコンピュータでマルチメディアやNewtonの開発マーケティングに従事。
1996年、デジタルブティックを設立し、「コミュニティ」をキーワードとしたビジネスをスタートする。
日本最大級の育児コミュニティ「ベビカム」の自社運営をはじめ、ホンダをはじめとする大手企業のコミュニティ企画・設計・運営を行なっている。

 

イベント概要

日  時 :2010年11月1日(月) 17:00-17:50

会  場 :六本木アカデミーヒルズ40 C3 (港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー40階)

講  師 :安西 正育氏 (代表取締役社長)

参 加 費:3000円(このうちエコストラップ代500円を含む)
(参加費に含まれるエコ・ストラップ代500円のうち10%は環境NPO等の支援金です)

お申し込みはこちら

一番上へ戻る