イベントのご紹介

住まい再考、日本の暮らし

イベント番号:8D-C1
koushi

エココンシャスな住空間

<住まいは夏を旨とすべし>という700年前の吉田兼好のことばも、陳腐に思えるほどの記録的な猛暑でした。すまいの高気密,高断熱,さらに省エネのあり方が根本的に問われてもおかしくない状況です。住まいとその環境を考える時、海に囲まれた小さな日本、日本と日本人の生活、人と建築の有り様の意外に深い関係性に気付きます。住まいについて再考し、さらに都市に第二の自然を再構築すること。メタボな都市の構造をいかにして緩やかに体質改善するかは、地方との関係や、近代化の過程で切り捨ててきた日本の暮らしを見直すことも重要でしょう。これからの住まいと日本の暮らしをともに考えましょう。

 

プロフィール

長岡造形大学 教授、建築家/アーキスタジオ川口          
日本建築家協会会員・登録建築家、日本建築学会会員
82年日本大学大学院博士前期修了。東畑建築事務所、アトリエ・ホライン(ウイーン)勤務をへて89年アーキスタジオ・オゾン設立。93年アーキスタジオ川口に改称。
代表作/ホテル花文、セレクトショップ「八、」。他、住宅・インテリア・家具・プロダクトデザイン多数。★TV朝日系全国ネット「大改造!!劇的ビフォーアフター」に5回出演。
11/7(日)6回目出演「ビフォーアフター」放送予定。
U.R.L.:http://arcka.com

 

イベント概要

日  時 :2010年11月8日(月) 16:00-16:50

会  場 :六本木アカデミーヒルズ40 C1 (港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー40階)

講  師 :川口 とし子氏 (建築家)

参 加 費:3000円(このうちエコストラップ代500円を含む)
(参加費に含まれるエコ・ストラップ代500円のうち10%は環境NPO等の支援金です)

お申し込みはこちら

一番上へ戻る